■女性からの返信がないときは

出会い系にせっかく会員登録したのに全く返事が来ないという悩みを抱えている男性は非常に多いです。

出会いを目的として出会い系に登録しているはずなのに、なぜこんなに男性と女性の間でギャップが生じてしまうのでしょうか。

男性から来るメールに返信できないのではなく、返信したくてもできないというのが正しいです。

その実情を知らずに女性にメッセージを送ってもほとんど返信してもらえず、イライラがたまる一方です。

当記事では女性が男性に返信できない理由を解説して、そのあとで返信してもらえるテクニックを解説していきたいと思います。

例えば、これはとある出会い系サイトを利用した人の話ですが、顔写真を載せてプロフィールを完成させたとたんに30通以上ものメールが男性から送られてきたそうです。

さすがに多すぎるメールがきたとおもって、プロフィールの写真を外しても、出会い系サイトにログインすると、ログインした女性の一覧表示から見つけてきた男性がメッセージを送ってくるそうです。

出会い系サイトでは完全に女性が売り手市場になっています。

もしあなたが女性だったとして毎日50通以上もメールが届いたら、仕事終わりで付かれているのに返信しようと思うでしょうか。

一通当たりのメールを数分で終わらせたとしても2時間以上かかるのですが、これを好きでもない初対面の男性相手にやるでしょうか。

私が女性だったらそんなことはせず、自分のタイプの人に自分のことをアピールするとおもいます。

以上のことから、女性がなぜ男性に返信できないかと言うことがおわかりいただけたかと思います。

女性は男性からのメールが多すぎて、単純に返信できていないと言うことです。

まず女性の目にとまらなければどれだけ情熱を込めたメールを送ったとしても返信してもらえません。

■返信率の高いメールの書き方

出会い系における女性側の事情がわかれば、適当なメールを送ろうとは思いませんよね。

では具体的にどういう内容を書けば女性からの返信率が上がるのでしょうか。

●自己紹介する

ありきたりですが、まずは自己紹介をしないと相手にしてもらえる可能性が低くなります。

好印象を持ってもらうには、自分の名前を本名で伝えると言うことがあります。

本名を伝えることで相手に安心感を持ってもらうことができます。

さらに、女性と仲を深めていくときに、お互いの名前を呼び合ったり、ため口でしゃべり合ったりすることによりよりいっそう仲良くなれると思います。

そのために、先に自分の名前を知ってもらうことで、自分のことは○○ってよんでね!と伝えることができます。

●何が気になったのかを書く

出会い系サイトを始めたばかりの人は、プロフィールを閲覧していて、気になった人に、プロフィールが気になりました!なんてありきたりなメールを送ってしまいがちです。

プロフィールの具体的に何が気になって、自分の中の何に共鳴したのかをきちんと書いて相手に伝えれば、他の人にはない具体的なことを書いてもらっているので、相手の印象に残ることができます。

まずは相手の女性の自己紹介から、なぜ気になったのかを具体的に書くようにしましょう。

具体的に何が気になったのかを書くときは、職業などがよく話題にしやすいですが、他の人も話題にしているので、あまり相手の心に残ることは少ないでしょう。

なので、ここでは相手の心に響きそうな情報を拾って、それを話題にすることにより、相手の印象に残るようにしましょう。

もしプロフィールなどから、相手の心に響くようなネタを拾うことができなかったら、画像などからもひらめきを得ることができます。

相手の肌が綺麗だとか、目鼻立ちが整っているだとか、ファッションセンスがいいだとか、活字だからこそいえるようなことを言ってあげれば、すごく喜んでもらえます。

もし自己紹介覧などから相手の心に響きそうなネタを拾えなかったら、画像を見たときにびびびっときた!なんていってあげるのもとても重要です。

●メールの最後の文章

皆さん適当に書いてしまっているのが最初のメールの最後の一行です。

よかったら友達になってくださいとか、ありきたりなよくある言葉で締めてしまっている人が多いのですが、これでは他の人と差別化できずに埋もれてしまって返信率があがりません。

なぜなら、こういった適当な言い回しで最後の一行を占めると、女性側の心に響かずに返信しようという気にならないからです。

女性側からしたら、メールはとくに目にとまるものもないし、でもなんか適当な文章だし、とくに自分の時間を割いてまで返信しようという気にはなりません。

また、人間というのは基本的に他人はあまり関心がなく、自分にどれだけ興味を持ってもらえるかということに興味があります。

なので、ものすごい凝った文章を送ることによって、相手に自分の真剣さや、どれだけあなたのことを思っているかを感じてもらえます。

こういう風に相手の心に響くような心理テクニックを使うことにより、ファーストメールを返信してもらいやすくなります。

●ファーストメールは簡潔に

出会い系のコツなどの記事で、ファーストメールは文字数をなるべく多く書くということを書いている人がいます。

長文メールに返信してくれるということは出会いやすい女性と言うことですから、フィルターの役割にはなりますが、そもそもたくさんの女性に送らなければならないので効率が悪いテクニックだといえるでしょう。

そもそも長文メールに返信してくれるよりも、第一印象で引かれてしまう可能性も高くなります。

そもそも、ファーストメールというのはたくさんの女性に送る必要がありますが、一通一通すべてにこれだけの時間をかけていたらどれだけ時間が合っても足りません。

ファーストメールの文章は短くも長くもなく10行くらいの文章でシンプルに簡潔にまとめるのが重要だといえるでしょう。

■出会い系におけるメールのやりとりのコツ

ファーストメールのテクニックと併せて、出会い系での全般的なコツとして以下のようなものがあるので参考にしてみてください。

すべての項目で当たり前のようなことを書いていますが、その当たり前のようなことを自然に実践できる人が本当に出会い系サイトを使いこなせる人です。

なので、当サイトの記事を使って、ライバルたちを出し抜いて出会いまくっちゃいましょう。

●言葉遣いを丁寧に

丁寧な口調と言ってもお客様みたいな感じに扱う必要はありません。あくまでも男女の間の丁寧さでかまいません。

今のこの記事内容くらいの口調くらいがちょうどいいとおもいます。丁寧になりすぎず、重くなりすぎずというのがちょうどいいと思います。

もちろんですが、お互いの仲がよくなってきて、徐々にため口なども取り入れていけばさらに仲良くなれると思いますが、最初は謙譲語や丁寧語を使うようにしましょう。

そもそもありきたりな丁寧な言葉遣いすらままならないような人は、相手にもしてもらえない可能性がありますから、言葉遣いというのはとても重要です。

なので、少なくともお互いの距離感が縮まるまでは、丁寧で親しみの持てる言葉遣いを心がけるようにしましょう。そうすることにより、相手に尊敬してもらいやすくなります。

●コピペはしない

ファーストメールから一貫して守ってもらいたいのが、コピペメールは送らないと言うことです。

誰にでも当てはまるような文章をあらかじめ作ってそれをコピペしてたくさんの相手に送っても文章からありきたりな文章でばれてしまいます。

ありきたりな内容で機械的な内容は何となく相手に伝わってしまうので、返信率が下がってしまうのです。

ほんの少しでもコピペメールだと思われたら、その女性から返信が来ることはないでしょう。

せっかく文章を書くのですから、時間を無駄にしないためにも、きっちり相手のことを考えて心を込めて文章を書きましょう。

●相手の名前を書く

相手の名前を呼ぶことで相手はこちらに親しみを感じてくれるようになります。最初の数通は一回は必ず相手の名前を書くようにしましょう。

ですが、相手の名前を書きすぎるとわざとらしさがでてしまうので、自然な感じで名前を呼びかけるようにしましょう。

●興味を聞き出す

出会い系サイトだけの話ではなく、日常生活全般にいえることですが、上手な質問をすることによって相手に気持ちよくいろんなことを話してもらえます。

そのためにも相手の興味がありそうな質問をたくさんしていくのですが、この質問を考えるのが意外と難しいのです。

例えば以下の質問はだめな例ですが何がだめかわかりますか。○○さんはイタリアン好きですか?

こちらの想定でいえば、この質問のあとに相手からパスタが好きです、という答えを引き出して今度いきましょうという流れを想定していると思います。

この会話は、機械的で感情があまりはいらないので、あまり面白い内容ではないですよね。

女性側からしたら、こういったトークパターンは何十回もされているので、何のおもしろみもないのです。

いい質問形式というのは、自分の体験談を織り交ぜながら質問をしていくと言うことです。

●文章量を相手と同じくらいにする

二通目以降のメールはメールの文字数や送信間隔は相手の様子を見ながら合わせていくと、共感をもってもらいやすく、好意を抱いてもらいやすいです。

例えば、相手が2,3行のメールだったら、自分も2,3行くらいのメールの文章量で返信することがテクニックです。

他にも相手の返信スピードに合わせるというテクニックもあります。相手と同じくらいの返信スピードで返信することにより、一体感が生まれます。

ですが、文字数にしてもメールの返信ペースにしても相手に合わせすぎると狙っている感がでてしまうので、ほどほどにしましょう。

●楽しいときにあえて中断する

お互いのエネルギーがつきるまでメールをやりとりする人がいますが、これはあまりよろしいことではありません。

これはなぜかというと、楽しさのピークがすぎてしまったので、次のメールにつながりにくいからです。

最初はすごく楽しかったけどなんか飽きてきちゃったと思われてしまったら、次のメールにつながりにくくなってしまいます。

マンネリ化を避けるためには、お互いが楽しいと感じているときにあえてメールを途切れるようにしましょう。

明日朝早く起きなきゃいけないとかもっともらしい理由を付けることにより、簡単に中断することができます。

●サイト内でのやりとりから直接やりとりに切り替える

出会い系サイト内でのメールは短期間で終わらせて、お互いのプライベートなアドレスでやりとりすることがテクニックです。

男性がメールの一通当たりに対してお金がかかっていることを知っているので、個人的なアドレスでやりとりしてくれやすいでしょう。

なので、この人なら大丈夫だと思ってもらえたら、直アドでのやりとりにも快く了承してくれると思います。

何通もやりとりしているのに、直接やりとりに移行してくれないときは、あまり自分のことに心を許してくれてないということでしょう。

女性からしたらインターネットを介した顔の見えない相手とのやりとりは常に不安を感じているものです。

じわじわ仲良くなれたら仲良くなってもいいけど、すぐに会いたいと行ってくる男性はあまり信用していないというのが女性側の心理です。

なので、じわじわと女性の距離を縮めて、心を開いてくれるのを待っていることが大切です。

以上のルールを守ってメールをするだけで女性からの返信率は相当高くなります。

さらに、リアクションがよかった女性に絞って返信することにより返信率をさらに上げることができると思います。

●既婚女性

女性大学生と主婦は返信率が高いのですが、それは以下にの理由によるものです。

女子大生は好奇心がたかいので、何でも経験してみようと思って返信率がたかいという結果に結びついています。

また、若い人は嫌な人間だと思われることを極端に嫌う傾向があるので、いい人間でいようとするため返信率が高いのです。

そして主婦ですが、主婦は需要と供給が一致しているという点があります。女性であれば誰でも異性からみられたいという欲求が強くあります。

ですが、結婚して家庭に入ってしまうと女性としてちやほやされるどころか女性としてみられる機会も少なくなってしまうので、男性に異性として意識してもらうだけで飛び上がるほど嬉しいのです。

そもそも家庭を持っている主婦が異性との交流を求めて出会い系サイトに登録している時点で、ちやほやされたいという欲求があるので、簡単に落としやすい対象といえるでしょう。

●夜遅くにログインしている女性

朝7時くらいから夕方の5時まで仕事をするという一般的な人間の生活の中で21時以降というのはとてもプライベートな時間帯だといえるでしょう。

好きな映画などを見たり、資格取得に向けた勉強をしたりといった、個人の余暇の時間帯です。

そんな仕事終わりのせっかく大切な余暇の時間を出会い系サイトにログインして使っている女性というはどういう女性でしょうか。

もちろんそれぞれ個人的な理由があると思いますがが、唯一共通しているのは、真剣な出会いにしても、エッチな出会いを求めているにしても、男性との交流を求めている女性ということがいえるでしょう。

そういう真剣に出会いを求めている女性にきちんとまじめなメールを送れば高い確率で返信が返ってくると思います。

また人間としての習性として、夜に行う行為は本能的な行動になりやすいという研究もあります。

太陽がでていて、光がさんさんと輝いているときは理性がブレーキをかけてしまい安いですが、夜であれば、人間の本能的な部分が出てきやすいという側面があります。

以上のような理由から夜21時以降は、まさに男女のゴールデンタイムといっても過言ではないでしょう。

●共通点を探す

付いている職業が同じ業種だったり、出身地が同じだったりすると相手の返信率が高くなります。

その地域の人にしかわからないようなお店やcmなどの話はとくに盛り上がりやすいです。

そして、それは出会い系のやりとりでも重要なテクニックなので、あなたと女性との間に共通点を見つけたら、このテクニックを使うチャンスです。

●相手を思い通りに操るテクニック

出会い系サイトでのやりとりに限らず、自分の思い通りに相手との会話を誘導するテクニックはなかなか難しいと思います。

ですが、それが簡単に使えて誰でも実践できるテクニックだとしたら、あなたもすぐに身につけたいと思うはずです。

相手の会話を誘導するテクニックのコツとしては、相手の質問に対してすべて返しのパターンを準備しておくことです。

例えばメールの中で相手の名前を聞いたときに、相手がすぐに教えてくれるときと、不信感を抱いて教えてくれないときがあります。

このとき素直に教えてくれなかったからといって、テンパってしまったりすると、せっかく構築した関係が崩れてしまいかねません。

しかし、相手の返信に対して、思いつく限りのパターンを用意しておけばどんな変事が起きても余裕を持って返信することができます。

そうすることにより、相手がどんな返信をしてきたとしても、最終的に自分が導きたいところまで会話の内容をもってこられるはずです。

実はこの手法はビジネスシーンなどではよく使われているテクニックで、誰にでも使えるテクニックです。

●情熱が大切

上記までいろいろな男女の恋愛に関するテクニックを紹介してきましたが、あなたが身につけたいテクニックを身につけることができたでしょうか。

ですが、出会い系で返信がもらいやすいノウハウというのは、テクニックではなく純粋に「あなたのことが好き」という情熱だと思います。

なぜかというと、女性とのやりとりというのは、型にはめてパターン化してどうにかしようとしてうまくいくものではないからです。

自分でもよくわからないのですが、相手と仲良くなりたいという思いがあれば、自然と相手に伝わって、うまくいくようになります。

プライベートなアドレスに移行したら、注意したいことは、傲慢な文章を書かないことです。

直接のアドレスでやりとりをするようになったからといって、傲慢になって自信過剰なメールの文章をおくると嫌われてしまいがちですから、注意しましょう。

返信率の高いメールの書き方などは確かに存在しますが、理論ばかりを気にしていると、人間的な大切な部分がおろそかになりがちですから、謙虚な姿勢を貫きましょう。

出会い系でいろいろなテクニックよりも、本心からでてくる相手のことが好きという気持ちが何よりも大切です。

本心から出てくる相手のことを好きという気持ちだからこそ、相手に本当にあったときに楽しいひとときを過ごせると思います。