■どこのサイトを選べばいいのか

出会い系サイトを使ってみようと思ったとき、まず最初に立ちはだかる壁がどこのサイトに登録するかということです。

ビル看板の広告だったり、インターネット広告だったり口コミだったりさまざまなサイト選びの基準がありますが、なにをみたら一番参考になるのかわからないですよね。

そこで、そんな出会い系サイトに迷っている人のために、本当に優良なサイトの選び方を細かくコツなどを解説しているので、これから使おうと思っている人は参考にしてみてください。

以下の解説を読めば、優良サイトに登録して自分にぴったりの相手と出会えると思います。

●選び方を心得ておく

そもそも、なぜ出会い系サイトの選び方を身につけておかなければいけないのか知っていますか。

出会い系サイトは一概にサービスがいいところに登録すればいいというものではありません。

出会い系サイトには、コツを覚えれば簡単に出会えるサイトと、全く出会えない詐欺サイトのふたパターンにわけられます。

一つ目のサイトは本当に優良なサイトと呼ばれるようなサイトで、ほとんどがポイント制のサイトです。

後者のサイトは完全に出会いなんて全く考えておらず、そもそも女性の利用者がいないワンクリック詐欺などをおこなっているサイトです。

こういった悪質サイトには一般の女の子は登録しているはずもなく、サクラばかりで、他のサイトに誘導したり、広告メールを流したりして稼いでいます。

もし本当に異性と出会いたいと切実に願っているのであれば、後者のような女の子がいない悪質サイトに登録しないように注意しなければいけません。

そのために、出会い系サイトやマッチングアプリを本当に優良なものを見極める目を身につける必要があるのです。

●知名度が高いサイトに登録する

会員数の多さや知名度の高さは、特に出会い系サイトを選ぶときに優良サイトを見極めるときにみるべきポイントです。

会員数が多い老舗のサイトであれば、会員数が多いので、女の子もそれだけたくさん登録しているサイトで、出会える確率が高いサイトと言うことです。

男性にとって出会い系サイトの知名度が高いということは女性の会員数が多いことに比例して、出会いやすいことにつながります。

ちなみに、どれくらいの会員数がいればいいのかと言えば、累計の利用者が500万人を超えていればダントツで出会いやすい超優良サイトといっても過言ではないでしょう。

数百万人以上という会員数はこれまでの累計登録者なので、常にこの人数がサイトを使っているわけではありませんが、それでも一日当たりの利用者数は数千人を超えているでしょう。

他にも知名度や会員数の他にも運営実績もみてみると本当に優良なサイトを見極めることができます。

目安としては10年以上運営しているサイトであれば老舗の超優良サイトといっても過言ではないと思います。

運営実績がある老舗の出会い系サイトはサポートが行き届いているので、初心者の人でも何でも聞きたいことを些細なことから聞けるので使いやすさが抜群にいいです。

長い運営実績があると言うことは、ちゃんと意味があるということですね。

●特定商取引方が書いてあるかどうか

何らかの商売をインターネット上で行うときは特商法の記述が法律で定められています。

出会い系サイトというものは簡潔に言うと異性紹介業という商売ですから、きちんと届け出をださなければ運営してはいけません。

逆に言うと、これらの義務を果たしていないサイトは違法サイトであるといえるでしょう。

インターネット上で何らかの商売を行うときは事業者側はカスタマーに対して、特商法に基づいた記載をする必要があります。

特商法に照らし合わせてワンクリック詐欺を考察してみると、消費者に対してサービス内容などを書いていないので、無効になります。

お金が発生することを別のページで表示するなど、料金体制をわかりにくくしているときも契約無効となります。

会社情報についてもいろいろな項目を記載する必要がありますが、住所や電話番号はもちろん、いろいろなことを書かなければなりません。

住所は建物名などもきちんと記載しなければなりません。ですが、悪質サイトの場合はそもそも会社概要がないことが多いでしょう。

もしくは会社概要が記載されていても、会社名が適当だったり、住所が適当だったり、レンタル事務所などのことが多いです。

悪質サイトに記載されている住所をネットで調べてみるととても会社があるようには思えないような場所だったと言うこともあります。

悪質サイトは会社情報や特商法の情報がないので、そういうサイトは悪質サイトだといっても間違いないでしょう。

もちろん優良の大手の出会い系サイトは特商法が明確に記載されているので、安心して利用することができます。

●利用規約は会社の義務

利用規約の表示は義務なので、優良サイトであるならば必ず利用規約が書いてあります。

ですので、利用規約の表示がなかったりする出会い系サイトは悪質サイトの可能性があるので、登録や利用は控えましょう。

出会い系サイトに限った話ではありませんが、多くの人が利用規約なんて読むはずもなく登録したり利用したりしています。

多くの人が利用規約なんて読まないことを知っているので、悪質サイトはこれをうまく利用して利用規約に高額な料金がかかることを書いています。

そして、りようきやくにこれこれこれだけの金額がかかると書いてあるからという理由で高額請求してくるわけです。

詐欺サイトにひっかからないように利用規約を必ず一読しておきましょう。

●有料の方が安心!

インターネットが一般に広まり始めた一昔前のころでしたら、無料サイトを利用しても悪質サイトなどはありませんでしたが、最近では無料サイトは稼げるとわかった悪い人たちが悪質サイトばかりを運営しています。

無料で使えるサイトは魅力的ですが、そもそも女の子が使っていないので出会いようがありません。出会えないどころか、スパムメールやワンクリック詐欺などがあるので、登録してもデメリットしかありません。

有料のサイトはお金がかかりますが、その分いくらでも女の子と出会うことができますし、サポートも充実しているので、使いやすいです。

有料出会い系サイトでかかる費用は、安心してゆったりサイトを使えるので、対価としてはやすいものだと思います。

ですが、かけ離れた高額料金を取るサイトはあまりいいサイトではないので、注意しましょう。

例えば、優良サイトでメッセージを送ると、普通の価格だと50円くらいで高くても70円くらいです。

悪質サイトでメールを送ろうものなら200円とか300円くらいかかってしまうこともあります。

そして、そういう高額請求をしてくるサイトというのは悪質サイトなので、サクラばかりをやとっていて、男性にメールをなるべくたくさんおくらせることにより収益をあげています。

そのようなサイトに登録しないためにも先払いで、ポイント制のサイトを使った方がおすすめです。

ちなみに、料金体系についてですが、ポイント制か月額制かどちらに登録して利用しようか迷っている人はたくさんいるのではないでしょうか。

結論からいうと、ポイント制のサイトは出会い系サイトになれている人や、安上がりで使い方を身につけている人、定額制のサイトは初心者の人や真剣な恋人を求めている人におすすめです。

ポイント制のサイトはポイントの分だけしか使えないので、出費をおさえたいひとはポイント制のサイトはおすすめです。

ですが、初心者の人が使うと、思ったよりもポイントを無駄なところで消費してしまうので月額制のサイトの方が安上がりに出会うことができます。

定額制ならいいのかと言いますと、定額制のサイトはポイント制のサイトと比べると会員数が少ないというデメリットがあります。

なので、自分の理想の出会いを見つけるまでに時間がかかりやすいというデメリットもあります。

ポイント制も定額制も一長一短がありますので、とりあえず少し使ってみてどちらが自分に合っているのか試してみるというやり方もおすすめです。

●同時登録をしていない

これは無料の出会い系サイトでよくやっている手口なのですが、例えばAというサイトに無料で登録をさせて別の有料サイトに同時に登録させるという手法です。

そして、別の有料サイトから女性から一日数十件もメールが送られてきます。

もちろん、その女性からのメールはすべてサクラなので返信しても意味がありません。

同時登録というのは悪質サイトしかやっていない手法なので、同時登録しているサイトがあったら、登録するのをやめておきましょう。

この同時登録という悪質な手法は、昔は一時的にはやりましたが、今でもやっているサイトがあるので、登録する際は注意しておきましょう。

●年齢認証している

出会い系サイトを運営している会社には、利用者が本当に成人しているかを確認しなければならないという法律があるので、どこのサイトも免許証などで年齢確認をしています。

なので、年齢認証をしていないサイトというのは100パーセント悪質サイトなので、登録したり利用したりするのを控えましょう。

ちなみに、出会い系サイトが年齢確認をしているかしていないかにかかわらず、未成年と性的交渉をすることは違法なのでやめておきましょう。

●比較サイトから選ぶ

当サイトのような本当に優良なサイトを比較やランキングしているサイトから選ぶというのも一つの選び方です。

なので、もし自分で選ぶ時間がなかったりする人は、当サイトのようなランキングを使って、いいサイトを選んでください。

ちなみに、簡単に出会えるサイトというのは、出会い系歴の長い私でも今まで一度もみたことがありません。